セミナー一覧

セミナー聴講無料!

※一部有料セミナーもございます。

セミナースケジュールを一覧で見る(PDF)

 

セミナー聴講方法【必読】

セミナーの聴講には
各日10:00より
セミナー会場前で配布される聴講券
必要
となります。
(先着順/名刺記名登録制)
※会場への入場には別途、事前来場登録または招待券が必要です。

【TA-1】美味アワードコラボセッションの聴講は事前登録制。先着50名。
【TA-4】外食アワードの聴講は事前登録制。
飲食店関係者のみ無料。
それ以外は参加費が必要です。

東京1日目





















東京2日目






















1日目
TA-1/A会場
東京 1日目

1月17日(水)
10:30-12:00

美味アワードコラボセッション
【~福岡県産食材~試食・サンプルあり】
地域食材を活用した集客につながる
“シメ飯・おつまみ・地域産品フェア”の提案
リストランテ・アルポルト
オーナーシェフ
片岡 護 氏
タベルナ・アイ
オーナーシェフ
今井 寿 氏
銀座ろくさん亭
舘野 雄二 氏
※先着50名 参加フォームはこちらで
美味アワードコラボセッション
参加聴講申込フォーム

リストランテアルポルト
片岡 護 氏

昭和23年9月15日生まれ。東京都出身。
平成27年度「卓越した技能者」(現代の名工)を受賞。
イタリア調理師協会・副理事長。
趣味は食べ歩き・映画鑑賞。
好きな映画監督は、オーソン・ウェルズ、ビットリオ・デ・シーカ、ルキノ・ヴィスコンティ。<イタリア料理との出会い>
母親の勤め先だった外交官のお宅から頂いてきたカルボナーラ。すっかり冷めてしまっていたが、その美味しさに幼いながら驚いたというのが最初の出会い。<料理歴>
都立田園調布高校を卒業後、母親の知人の外交官がイタリア総領事として赴任する際に「コックとして付いて来ませんか?」と誘われたのが、そもそも料理人になるきっかけとなった。渡伊までの、3ヶ月は「つきぢ田村」で鍋洗いと刻みを修行。イタリアに渡ってからは総領事付きのコックとして修行の毎日を過ごす。5年後に帰国。「小川軒」「マリーエ」を経て、「アルポルト」を開店し、今に至る。<アルポルト>
「アルポルト」を語る上で欠かせないのがミラノにある『アルポルト』の存在。『アルポルト』は、ドメニコさんという方が経営している海の幸の専門店で、イタリアの日本総領事館の総領事付き料理人として働いていた5年間に暇を見つけては食べ歩きをしていた際に出会ったお店。その店がとても気に入り、仕事が空いた時に研修も受ける。港という言葉に象徴されるひとつの物事のはじまり(出港)とおわり(帰港)、さらには人生の出発、そして終着といった意味の考え方が好きで店名を「アルポルト」にしたいと思い、ドメニコさんを再び訪れ了承をいただき店名とした。<姉妹店>
アルポルト 東京ビックサイト店
アルポルトクラシコ(そごう横浜店)
アルポルト静岡(ホテルアソシア静岡)
アルポルトカフェ日本橋タカシマヤ店
アルポルトカフェ京都タカシマヤ店
カフェテリア アルポルト福岡
カフェテリア アルポルト名古屋 名鉄店
カフェテリア アルポルト名古屋 松坂屋店
アルポルト神戸

タベルナ・アイ
オーナーシェフ
今井 寿 氏

21歳で料理の世界に入り、各国の料理の修業を経験する。1988年浅草ビューホテル・イタリア課「リストランテ・ラ・ベリタ」に入社し1992年「トラットリア・ブッチーナ」のシェフとなる。1997年鉄人坂井宏行氏の経営するイタリア料理店「リストランテ・ドンタリアン」にシェフとして迎えられる。1999年「オステリア・イル ピッチョーネ」をオープン、シェフとして勤務。2013年「タベルナ・アイ」のオーナーシェフとなる。イタリアの家庭に代々伝わる郷土料理を得意とし、マンマの味の研究を続けている。また、オーナーシェフの傍ら日本各地で行われるプロ向けの料理講習会や、調理師学校の非常勤講師、料理教室、テレビ、料理専門誌等で活躍中。

銀座ろくさん亭
舘野 雄二 氏

「料理の鉄人」初代和の鉄人で知られる道場六三郎を師匠に持つ。「銀座ろくさん亭」をスタートに、1997年にオープンした「ポワソン六三郎」の料理長を努め、2008年に独立。「みちば和食 銀座 たて野」をオープン(2020年12月閉店)。現在、「銀座ろくさん亭」に在籍しながら、長年培ってきた和食の技術と知識を活かし、さまざまな料理の場で腕を奮っている。講習会や小学校での料理教室なども積極的に行っており、大学の講師としても活躍している。漁や農業体験などにも取り組む勉強家であり、現役農家の顔も持つ。

TA-2/A会場
東京 1日目

1月17日(水)
12:15-13:15

全国焼肉協会 presents

トラジの挑戦
事業協同組合 全国焼肉協会 会長
株式会社 トラジ
代表取締役社長
金 信彦 氏


事業協同組合 全国焼肉協会 会長
株式会社 トラジ
代表取締役社長
金 信彦 氏

東京都足立区生まれ、深川育ち。
小学校の頃からサッカーをはじめ、中学ではキャプテンを務める。
大学卒業後、母を手伝うため家業の焼肉店に入店。
母のもとで修業し、27歳の時に独立。1995年、恵比寿南に「炭火焼肉トラジ 恵比寿本店」を開業。
都内を中心に、名古屋、京都、大阪など直営店 国内58店舗、海外2店舗(2022年11月現在)

TA-3/A会場
東京 1日目

1月17日(水)
13:30-14:40

アルバイトからの社員採用で
飲食業界の人不足を解決する!!
串カツ田中とPISOLAの人財戦略
【パネリスト】
株式会社串カツ田中ホールディングス
代表取締役社長 CEO
坂本 壽男 氏
【パネリスト】
株式会社ピソラ
代表取締役
鬼界 友則 氏
【コーディネーター】
株式会社カンテラ
代表取締役
神田 俊勝 氏


株式会社串カツ田中ホールディングス
代表取締役社長 CEO
坂本 壽男 氏

1976年4月生まれ、長崎県島原市出身。慶応義塾大学経済学部卒。
2000年4月に化学メーカー(※1)に入社。
2004年11月に公認会計士に合格し、同年12月に新日本監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)へ入社。その時に顧客の1社として串カツ田中を担当する。
その後、独立の準備をしていたところ、前社長(現会長)の貫啓二に誘われ、2015年2月に株式会社串カツ田中へ入社。CFOとして同社の株式上場をけん引する。2022年6月、株式会社串カツ田中ホールディングスの代表取締役社長 CEOに就任。
(※1)日本酸素㈱(現日本酸素ホールディングス㈱)

株式会社ピソラ
代表取締役
鬼界 友則 氏

2019年11月 新設分割にて株式会社ピソラを設立し、代表取締役に就任。
就任から間もなくコロナ禍に見舞われたが、業態ブラッシュアップと収益性の向上を進め、20店舗の新規出店を果たした。
2024年1月現在、直営店、FC加盟店合わせて43店舗を運営し、続く5店舗の新店舗の開業準備中である。

株式会社カンテラ
代表取締役
神田 俊勝 氏

滋賀県出身。実家は『神田食堂』
2002年 1店舗1社員の時に株式会社大地に入社。
20年間で関西・首都圏・ベトナム・中国に20業態60店舗を出店。
毎年アルバイトが10人以上社員になる「カンテラ」という
人材育成の仕組みを完成させ、求人をかけずとも人に困らない育成型組織を構築。
株式会社カンテラ代表取締役社長
株式会社大地グループ 顧問
株式会社マリノデザイン 顧問兼COO

TA-4/A会場
東京 1日目

1月17日(水)
15:00-16:30

外食産業記者会presents ※事前予約制/飲食店以外は有料

~表彰式&交流会~

外食アワード2023
TB-1/B会場
東京 1日目

1月17日(水)
10:30-11:45

レストランテック協会 presents

たくさん飲食店に行きまくっている狂った3人に、
繁盛店になる店の共通点を聞いてみたⅡ
【パネリスト】
株式会社dinii 執行役員営業統括
DOON代表
益子 雄児 氏
【パネリスト】
株式会社アプリラボ
代表取締役
菅野 壮紀 氏
【パネリスト】
フードスタジアム株式会社
フードスタジアム編集部
編集長
大関 まなみ 氏
【コーディネーター】
一般社団法人レストランテック協会
代表理事
山澤 修平 氏

 


株式会社dinii 執行役員営業統括
DOON代表
益子 雄児 氏

大学卒業後、新卒でヤマトシステム開発入社。外食業界向けASPサービスをゼロから立ち上げ、約1000店舗に導入。
在職中にNPO法人居酒屋甲子園を支援し、第三回大会では事務局・決勝大会の司会を担当。
2008年より覆面調査サービス「ファンくる」を運営する株式会社ROI(現株式会社ファンくる)に入社。営業マネージャー、営業責任者、取締役を経て2017年より代表取締役社長に就任。3年で業績を3倍に向上させる。
2021年より画期的なモバイルオーダーシステムを提供する株式会社dinii(ダイニー)にジョインし、営業責任者として活動。
ライフワークは年間900軒の飲食店視察。500名以上の飲食店経営者との交友を持つ。
20年以上の外食営業ノウハウを「最強の外食営業研修」として行い、2023年2月に内容を大幅にバージョンアップし「マシマシ塾」として全24講義のオンライン研修を実施。
受講者は1,500名を突破している。

株式会社アプリラボ
代表取締役
菅野 壮紀 氏

飲食業のためのシステムを独自で開発するため2007年に起業。昨今話題のレストランテックの先駆け的存在になる。
飲食業界に特化したPOSレジ付き管理システムK1くん(けいいちくん)を外注を一切せず、自身で開発し、現場に寄り添うサポートまで自社で実施。
1,000店舗を超える飲食店にシステムを導入し、「ニーズは本部でなく現場にある」を信条に、年間600店舗以上の訪問を実施している。
個店からチェーン店まで、現場に寄り添ったサービスを行い、1桁の店舗数から共に成長した3社の上場支援を行う(準備中含む)。
・居酒屋甲子園2代目サポーターリーダー
・S1サーバーグランプリ 理事
・日本接客アドバイザー協会 名誉会員
・APPLILAB SINGAPORE CEO

フードスタジアム株式会社
フードスタジアム編集部
編集長
大関 まなみ 氏

1988年栃木県生まれ。東北大学経済学部卒業後、教育系出版社や飲食業界系出版社を経て、2019年3月よりフードスタジアム編集長に就任。客単価3000~1万円程度の居酒屋・バル・ビストロなどアルコール業態を中心に、年間約300の飲食店を視察、100軒を取材する。

一般社団法人レストランテック協会
代表理事
山澤 修平 氏

1980年北海道生まれ。
携帯電話販社大手「コネクシオ株式会社」にて、営業戦略など様々な業務に携わり、その後、農業ITベンチャー「株式会社ファームノート」でCSMの構築、営業拠点の立ち上げを行う。
現在は日本最大のレストランテックコミュニティ「RT_Meetup」を主催する一般社団法人レストランテック協会の代表理事、一般社団法人日本飲食業経営審議会の理事、数多くのテックベンダーのセールスマーケティングの顧問業などに従事。
全国各地の飲食経営者と生産者とテクノロジー企業をつなげる為、ホテル暮らし中心のアドレスホッパー生活を送っている。
著書 同文舘出版「これからの飲食店DXの教科書」(2022年)

TB-2/B会場
東京 1日目

1月17日(水)
11:55-13:05

日本回転寿司協会 presents

回転寿司って、どうやって始めるの?
~意外と知らない飲食DXの
トップ業態を学ぶ
【パネリスト】
石橋水産グループ
グルメ廻転鮨四天王 まぐろ解体職人
川股 竜二 氏
【パネリスト】
株式会社システム企画
副社長
高麗 正之介 氏
【コーディネーター】
一般社団法人日本回転寿司協会 専務理事
株式会社クロスドリーム 代表取締役
田尻 力 氏
【コーディネーター】
株式会社ケーススタディ
代表取締役
荒井 静雄 氏


石橋水産グループ
グルメ廻転鮨四天王 まぐろ解体職人
川股 竜二 氏

生年月日:1968年4月3日
北海道札幌生まれ、石川県金沢育ち。
日本回転寿司協会東京地区理事。株式会社ネオ・エモーション専務としての顔を持つ一方で、本まぐろ解体ショー職人として全国・世界中を飛び回る。本人の手掛ける本まぐろ解体ショーは年間平均180回以上。
全国各地の鮮魚仕入れも手掛ける「魚のプロ」である。
お客様に、回転寿司で最高の寿司と魚を召し上がって頂くため、手の届く贅沢をテーマに日々美味しい魚・食材、人との出会いに想いを込める。

一般社団法人日本回転寿司協会 専務理事
株式会社クロスドリーム 代表取締役
田尻 力 氏

1974年12月3日生まれ。石川県金沢市出身。
12年間回転寿司コンベアーメーカーの営業として回転寿司業界に従事し 飲食チェーン店・ITコンサルティング会社を経て2007年同社設立。
居酒屋、回転寿司店のコンサルティングを行い、2011年1月回転寿司店数社と 日本回転寿司協会を発起(現,専務理事)
Apple社からiPad 1が発売された数ヶ月後にiPadを使ったセルフオーダーシステムを発売。
現在では、居酒屋・焼肉屋・レストラン・カフェなどへPOS・セルフオーダー販売の他 飲食店の視点からの開発業務も行う。

株式会社システム企画
副社長
高麗 正之介 氏

東京海洋大学大学院卒。大手水産会社の勤務を経て、2013年に㈱システム企画に入社。
仕入・営業全般に携わり、本物志向の寿司を目指ながら、日々改善に励む。既存店売上を3割以上向上させる。

株式会社ケーススタディ
代表取締役
荒井 静雄 氏

1978年大阪府堺市生まれ。
2001年 株式会社ぐるなび大阪営業所入社。
その後、神戸営業所長、ぐるなび大学総責任者等を経て2019年株式会社ケースステディ設立。
飲食店及び飲食関連事業者へのコンサルティング業、顧問業、研修講師業をする一方、自社でも飲食店を経営。
飲食店の店長やスタッフ向けに行う「社内コミュニケ―ン研修」をライフワークとする。

TB-3/B会場
東京 1日目

1月17日(水)
13:15-14:45

復活!ネクストーーーク!2024年飲食店あるある〜
リテンションマネージメント!
各社の定着施策に迫る!
【パネリスト】
株式会社 WDI JAPAN
取締役 営業本部 本部長
福田 典生 氏
【パネリスト】
株式会社 ワンダーテーブル
取締役
小川 圭介 氏
【パネリスト】
株式会社KICHIRI
代表取締役社長
平田 哲士 氏
【パネリスト】
株式会社リン・クルー
取締役 営業本部長
伊藤 健浩 氏
【パネリスト】
株式会社エー・ピーホールディングス
執行役員
株式会社エー・ピーカンパニー
代表取締役社長
横澤 将司 氏
【コーディネーター】
株式会社ピーカチ
取締役副社長COO
西林 厳史 氏


株式会社 WDI JAPAN
取締役 営業本部 本部長
福田 典生 氏

和歌山県出身。
当時勤務先のフランチャイジー企業が買収された経緯からWDIに入社。
以来、人財開発部長、西日本支社統括、アメリカンダイニング事業部長を歴任。
現在は、カプリチョーザ、ハードロックカフェ、エッグスンシングス、添好運(ティム・ホー・ワン)など、多彩なレストランを国内外で約200店舗展開するWDI GROUPの、国内事業を束ねる株式会社WDI JAPANの取締役兼営業本部長。
「現象に惑わされず、本質を見極め追求すること」がモットー。著書「迷ったら開こう!心に刺さる…かみツイート(MANA BOOKS 外食の教科書)」 発行元:外食産業新聞社

株式会社 ワンダーテーブル
取締役
小川 圭介 氏

1967年生まれ、愛知県出身。
10代から飲食業界で働き始め、20代初めには支配人を務め、その後は、新店開業やブランド開発などに携わる。
エンターテイメントでは様々なライブハウスやクラブを、
ストランでは、イタリアンやフレンチ、ラテン、アジアンなどの専門店の開発・開業に幅広く手掛ける。
2000年より、現在の株式会社ワンダーテーブルに入社し、スーパーバイザー、
人事マネジャー、営業本部長、取締役を務め、現在は、人材開発やマーケティング、管理、購入など管理部門を統括する。

株式会社KICHIRI
代表取締役社長
平田 哲士 氏

1977年生まれ、大阪市出身。
2006年営業統括部長に就任
理念経営の傍ら直営店舗運営の他に
Eataly日本法人の立ち上げ、世界的シェアを誇るメーカー、行政や、ファッションブランド、農業法人などと協業したレストランなど20業態ほど手掛ける。
直近では株式会社阪急オアシスと協業し、グローサラント業態を大阪駅で開発・運営を行っている。
2019年株式会KICHIRIの代表取締役社長に就任。
店舗数は現在125店舗。座右の銘は“勝つまで戦い続ける”
お正月は必ず店舗で勤務し、休憩時間に75歳の最高齢アルバイトの方に缶コーヒーをご馳走になるのが恒例行事と化している。

株式会社リン・クルー
取締役 営業本部長
伊藤 健浩 氏

東京都新宿区出身。株式会社リン・クルー取締役兼営業本部長。
黒服に憧れて18歳より六本木のディスコにて勤務。21歳の時に林直樹氏に出会う。
1998年に林氏が独立すると共に創業メンバーとして株式会社リン・クルーの立ち上げに参加。
大手ゲーム会社の飲食事業立ち上げに出向し、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダーなどを世に輩出した米国レーベル「Motow Records」のテーマレストラン「モータウンカフェ」日本1号店の出店に参画。
自社店舗では2000年に和食ダイニング「かまくら」1号店を渋谷に出店。2号店の銀座店は「ぐるなび年間アクセスランキング 和食部門全国1位」を獲得。
現在、レストランからお好み焼き屋まで多業態の飲食店を首都圏を中心に、仙台・名古屋・大阪・博多に計26店舗を展開している。

株式会社エー・ピーホールディングス
執行役員
株式会社エー・ピーカンパニー
代表取締役社長
横澤 将司 氏

1977年生まれ、岩手県陸前高田市出身。
陸上自衛隊、役者を経て株式会社平田牧場入社。牛角FC店店長を歴任し、自社ブランドとんかつと豚肉料理平田牧場を開発運営、以後商業施設を中心に小売と外食の開発・展開を担当。
2011年東日本大震災を機に《塚田農場》《四十八漁場》など一次産業から携わる垂直型の飲食モデルの先駆的存在、エーピーカンパニーにジョインし、塚田農場を経て、四十八漁場を中心とした鮮魚系居酒屋モデルの部長として27店舗担当、《居酒屋から漁業を創造する》をミッションに持続可能な漁業へ漁師、生産者を巻き込み貢献する。
2019年から現職となりコロナ禍で様々な業態を開発。上場企業では珍しく、鮨を始め高級業態へのチャレンジも始めるなど、これまでのノウハウを活かし、新たな飲食業の在り方・可能性を果敢に模索する。

株式会社ピーカチ
取締役副社長COO
西林 厳史 氏

1975年広島生まれ。1997年(株)ぐるなび関西版の立上げメンバーとしてNKB入社。
3か月後にチーフとなり支社2番手として関西支社を束ねる。
その中で飲食業界の人と食に魅了され、飲食業界に携わる会社を設立し独立したいと退職。
独立前に求人広告も勉強したいと飲食専門の求人誌グルメキャリーの門を叩き入社。
その後2000年(有)グローバルメディアジャパンを設立し、代理店としてぐるなび広島版の立上げを行う。
その後ケータイが会員証・ポイントカードに!というコンセプトの元、現在のP+KACHIシステムを開発、2002年P+KACHIをサービスイン。
2006年システム名を社名にし(株)ピーカチを設立、取締役副社長COOに就任。
飲食業界に携わり27年。現在P+KACHIシステムはポイントカード・顧客管理をベースとして多種多様な店舗様と1,150万人のエンドユーザーの方々にご利用頂いています。

TB-4/B会場
東京 1日目

1月17日(水)
15:00-16:30

「ショート動画攻略!
SNSで魅せる飲食店の発信とは?」

〜SNS時代で飲食店に与える影響〜
【パネリスト】
TMY合同会社
代表社員
俺の牛タンカレー
眞島 星 氏
【パネリスト】
アカウント運用担当者
山口 彪流 氏
【コーディネーター】
株式会社ロトス
代表取締役CEO
カレン社長(川口 加恋) 氏


TMY合同会社
代表社員
俺の牛タンカレー
眞島 星 氏

高校生の時から食の世界で仕事をする事を夢見て、大学時代には300万近く借金をしたどん底から25歳でTMY合同会社を起業。
【全ての人を食で人々を笑顔に】をモットーに「俺の牛タンカレー食ってみな。」はデリバリー拠点全国60店舗まで拡大。
今の時代にあった集客力を武器に年内全国100店舗を目指している。

アカウント運用担当者
山口 彪流 氏

1999年生まれ、新潟県出身
約半年で総フォロワー10万人超えの「鮨屋のまさる」をはじめ、飲食店のアカウントをプロデュース、制作を行っている。
自身もグルメアカウントを運用していた経験を活かしてバズる動画を生み出す。
多くの動画で100万回以上の再生数を達成しており、最高再生数は1本で1,100万再生超え。株式会社ロトスではTikTokの企画から撮影、編集を主に担当している。

株式会社ロトス
代表取締役CEO
カレン社長(川口 加恋) 氏

1999年2月、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。
子役、メジャーデビューアイドルの経歴を経て22歳で起業。
飲食外食特化のブランディングプロデュース・SNSプロモーション事業をメインとし、企業のTikTok運用で数々の100万回再生を生み出している。また、企業×インフルエンサーの”PRのための展示会”「インフルエンサー万博」を主催運営している。

TC-1/C会場
東京 1日目

1月17日(水)
10:30-12:00

「飲食店経営と地方創生」
飲食店が地域コミュニティに貢献する、
地方創生の新たな可能性とは?
【パネリスト】
株式会社バルニバービ
代表取締役会長CEO 兼 CCO
佐藤 裕久 氏

【パネリスト】
株式会社ゼットン
代表取締役社長
鈴木 伸典 氏
【コーディネーター】
一般社団法人 日本飲食団体連合会
理事 兼 事務局長
髙橋 英樹 氏
【コーディネーター】
WannaEat株式会社
(USEN-NEXT Group)
取締役副社長
長澤 里美 氏

 


株式会社バルニバービ
代表取締役会長CEO 兼 CCO
佐藤 裕久 氏

京都市上京区生まれ。神戸市外国語大学英米語学科中退、1991年バルニバービ設立、代表取締役に就任。現在、東京・大阪をはじめ全国に97店舗(2023年10月末時点)のレストラン・カフェ・ホテルを展開。近年は、淡路島をはじめ島根県出雲市などでも「住みたくなる街づくり」をテーマに、食と宿を切り口に地方創再生に取り組んでいる。
著書に『一杯のカフェの力を信じますか?』(河出書房新社)『日本一カフェで街を変える男』(グラフ社)がある。2022年2月には、環境省エコファースト企業に認定され環境保全先進企業として飲食業界を牽引。

株式会社 ゼットン
代表取締役社長
鈴木 伸典 氏

1971年、岐阜県生まれ。愛知大学卒業後、ゼットンに入社し、会社の急成長に貢献。2016年、二代目社長に就任。「地域社会に貢献するホスピタリティ企業」というビジョンを掲げ、街のエリア再生を手がける”公園再生事業”に着手。2017年から施行されたP-PFIをマネタイズするノウハウとして、多くの自治体やディベロッパーを始め大学や研究機関など街づくりに携わる分野からの評価を集め、ソフトコンテンツで街のエリアを再生する新たなビジネスモデルとして注目され始め、ゼットンを飲食という枠を超えた次世代型の企業へ導く。

一般社団法人 日本飲食団体連合会
理事 兼 事務局長
髙橋 英樹 氏

飲食サポート.com株式会社 取締役会長
一般社団法人日本飲食業経営審議会 代表理事
一般社団法人日本飲食団体連合会 理事兼事務局長
一般社団法人レストランテック協会 顧問
NPO法人居酒屋甲子園 2代目理事長
1970年1月8日福岡県生まれ。15歳から大阪の飲食店で修行を始め、福山や東京で飲食店を展開。現在は虎ノ門にある横丁「小虎小路」のプロデュース及び運営を行う。そして飲食店経営者の傍ら、全国の飲食店の総合的なコンサルティングの他、「日本飲食業経営審議会」や「日本飲食団体連合会」等、様々な団体に参画し、活動範囲を全国に広げている。

WannaEat 株式会社
(USEN-NEXT Group)
取締役副社長
長澤 里美 氏

1985年北海道生まれ。2009年フェリス女学院大学 文学部英文学科卒業
2009年(株) USEN入社、以降USEN-NEXT HOLDINGS傘下の事業会社、(株) USEN Media 法人ソリューション部長、(株) USEN FB Innovation 執行役員を経て 2023年1月 WannaEat (株)(※旧社名㈱バーチャルレストラン)取締役副社長に就任。グループ初の女性取締役。
また、一般社団法人日本ファインダイニング協会(JFDA)、一般社団法人日本飲食団体連合会(食団連)、 一般社団法人 日本デリバリー協会(JDA)の事務局を経て、一般社団法人日本飲食団体連合会(食団連)理事に就任。
『日本の飲食業界に貢献すること』をテーマに活動中。

TC-2/C会場
東京 1日目

1月17日(水)
12:15-13:45

日本外食新聞 presents

〜じぃま兄と愉快な仲間たちが大集合〜
色々あっても、飲食ってめっちゃ夢あって愉しいぜ!
そこんとこ、語り合っちゃうよー!!
【パネリスト】
151-A-RC株式会社
代表取締役
高橋 賢 氏
【パネリスト】
株式会社IBUQLO
壱両株式会社
代表取締役社長
杉山 亮 氏
【パネリスト】
株式会社Rhythm Place
代表取締役
加藤 亮 氏
【パネリスト】
有限会社近藤商会
代表取締役
吉利 雄太 氏
【コーディネーター】
株式会社コジマ笑店
代表取締役
小嶋 崇嗣 氏
★書籍プレゼント

先着30名様に外食産業新聞社刊行の書籍をプレゼント!


151-A-RC株式会社
代表取締役
高橋 賢 氏

1977/6/1 千葉県出身
大学卒業後
くふ楽グループのアルバイトを経て
28歳で克ツ井の頭を創業
「居酒屋を通じて全ての人を幸せに」を理念に
現在直営店3店舗
恵比寿サウナー、道玄坂克ツ、克ツ下北沢
独立支援店舗2店舗
烏山みくりや、瀧井、経営中

株式会社IBUQLO
壱両株式会社
代表取締役社長
杉山 亮 氏

1981.9.17 この世に生を授かる
25歳から飲食業へ中野雛家で加藤亮と出会う
33歳独立
コロナでどう生き残るか考え壱両株式会社を設立
限られた時間をより豊かに過ごすために経年した美しい古物で勝負する事を決める
飲食店 3店舗
古物屋 1店舗
空間プロデュース、メニュー開発など行う

株式会社Rhythm Place
代表取締役
加藤 亮 氏

1979年6月27日、東京 文京区生まれ
調理師専門学校卒業後、結婚式場の和食調理場へ就職。その後13年勤めた会社の1店舗(中野 雛家)を買取り、32歳で独立。
現在自社3店舗、共同(近藤商会)で2店舗を運営

有限会社近藤商会
代表取締役
吉利 雄太 氏

1983/9/25 東京都板橋区出身
新卒でアパレル企業に就職→不動産業を経て24歳で独立創業。
現在直営1店舗と共同経営2店舗を運営。他社の業態開発や店舗開発も行う。

株式会社コジマ笑店
代表取締役
小嶋 崇嗣 氏

1977年9月9日、東京・東小金井生まれ。
高校卒業後、自動車整備や建築業などに携わったのち、楽コーポレーションの運営する居酒屋に感動して入社。
15年ほど修業して経験を積みながら34歳で総合居酒屋「じぃま」をオープンして独立を果たし、コジマ笑店を設立。
紆余曲折を経ながらも「人を大切に、人と向き合う」を哲学に邁進し、現在9店舗体制。

TC-3/C会場
東京 1日目

1月17日(水)
14:00-15:15

日本居酒屋協会&日本水商売協会 presents

日本居酒屋協会と日本水商売協会がタッグを組めば1+1=10になる!
お店、働くスタッフ・女性、お客様、
そして社会のために私たちが目指す新しい時代
【パネリスト】
一般社団法人日本居酒屋協会
会長
株式会社Big belly
代表取締役
大林 芳彰 氏
【パネリスト】
一般社団法人日本居酒屋協会
副会長
株式会社龍ノ巣ホールディングス
代表取締役 大将
畑 博貴 氏
【パネリスト】
一般社団法人 日本水商売協会
代表理事
甲賀 香織 氏
【パネリスト】
銀座 ル ジャルダン 他5店舗経営
ママ
望月 明美 氏
【パネリスト】
銀座 CLUB AMOUR
ママ
河西 泉緒 氏
【コーディネーター】
一般社団法人日本居酒屋協会
事務局長
株式会社インタープレイ
代表取締役
稲村 サチコ 氏

一般社団法人日本居酒屋協会 会長
株式会社Big belly 代表取締役
大林 芳彰 氏

1973年東京生まれの千葉育ち。
大卒後、住宅メーカーに勤めるが、26歳の時に食事に訪れた「モンスーンカフェ」に感動し、グローバルダイニングに入社。
途中、単身タイに渡り現地のレストランで修業。帰国後「モンスーンカフェ」料理長を歴任する。
2011年3月創業。“アジアのうまいもの”を集積したコンセプトで池袋西口の外れにオリエンタルビストロ「アガリコ」を開業し、18坪38席で月商1300万円を売り上げる大繁盛店になる。
店舗展開の傍ら、年間で国内350店、海外20カ国以上を食べ歩き、蓄積したアイデアを「アガリコ」の料理に次々と反映。その際立ったメニュー開発力が業界でも注目され、飲食店プロデュース、外食企業のメニュー開発も数多く手がける。「アガリコ」のほか、「アガリコ餃子楼」、讃岐うどん居酒屋「香川 一福」、うなぎ酒場「いづも」、「串カツ田中」FC店も展開中。

一般社団法人日本居酒屋協会 副会長
株式会社龍ノ巣ホールディングス 代表取締役 大将
畑 博貴 氏

1971年生まれ。高校卒業後、自動車の整備工を経て、さまざまな飲食店で修業。1998年に串かつ店で独立し、2001年に「かすうどん」の店をオープン。
2002年には有限会社龍ノ巣を立ち上げ、2005年に焼肉とホルモン、かすうどんを売りにした「焼肉ホルモン龍の巣」を出店する。
EC事業や店舗展開を進めつつ、従業員のスキルアップを支援する独自の人材育成の場をつくるなど、飲食業界の地位向上も目指し、日々笑顔を忘れず挑戦を続けている。

一般社団法人 日本水商売協会
代表理事
甲賀 香織 氏

1980年、埼玉県生まれ。青山学院大学文学部卒業、出版社を経て株式会社ベンチャー・リンクに入社、カーブスジャパンに出向。
ブランド創業期のスーパーバイザーとして人材教育や営業マニュアルの作成、新規店舗の立ち上げ、業績不振店舗の再建に従事する。
27歳で銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」に入店。1年でナンバー1となる。引退後はメール配信システムの企画・開発・運営を行う。
2018年日本水商売協会を設立。コロナ禍で苦境に立たされた業界へ、各種給付金などが従事されるよう政府に働きかける。
業界団体の代表として『TVタックル』、『ザ・ノンフィクション』をはじめ、テレビ、新聞、雑誌、WEBメディアなど、多数取り上げられる。
コロナ禍の「夜の街」を支えて (ちくま新書)
新型コロナウィルス感染症の震源地として名指しされた「夜の街」。差別的扱いの実態から成長産業としての魅力まで描かれた著書も出版。

銀座 ル ジャルダン
他5店舗経営
ママ
望月 明美 氏

銀座『クラブ ル・ジャルダン』他、銀座で6店舗のクラブ・スナック・飲食店を経営。
20歳のとき、フロムエーを見てに有名クラブに入店。
その後大きなクラブを3軒経験し、カリスマホステスとしていずれも圧倒的なナンバー1だった。
31歳の時に『ル・ジャルダン』を開店。現在はグループ内スタッフ・ホステス数は総勢160名になる。
水商売歴41年。
著書
愛されるために – 愛されるための39のエッセンス(1998年12月 フォーシーズンズプレス)
可憐に、そしてしたたかに – 銀座のママが教える魅せる女の十二章(2002年7月 アース出版局)
銀座ママはお見通し 愛され美人といい男の秘密(2005年9月17日 ゴマブックス)
“本命(カレ)”をトリコにする方法—銀座ママがそっと教える(2006年11月 大和出版)
銀座ママの夜のお悩み相談室(2007年5月 ゴマブックス)
銀座ママがそっと教える「空気が読める人」の会話術—一流の男はここが違う!(2008年6月 大和出版)
ル・ジャルダンへようこそ(2016年8月 新潮社)
ル・ジャルダンへようこそ2(2018年8月)
ル・ジャルダンへようこそ3(2023年8月)
銀座のママがこっそり教える 夜職の女の子のためのダイエット(2023年11月)

銀座 CLUB AMOUR
ママ
河西 泉緒 氏

前職は、パティシエ、調理師という異色の経歴。
2011年。ホステスは銀座からの顧客ゼロスタート。
ホステスで数店舗、『ジャンヌダルク』で雇われママとして圧倒的な実績を積み、4年半という異例のスピードでオーナーママとしての『クラブ かわにし』をオープン。
コロナ禍中ずっと休業をし、2019年『Club amour(アムール)』として、銀座のメインストリーとである並木通りでリニューアルオープン。
クラブ経営をしながら、2022年参議院議員選挙にも立候補し、話題となる。
さらに、2023年12月より、『salon de AMOUR(アムール)』という業界初の画期的な業態にブラッシュアップ。
5000名超の顧客を抱え、今に至る。

一般社団法人日本居酒屋協会
事務局長
株式会社インタープレイ
代表取締役
稲村 サチコ 氏

横浜市生まれ横須賀育ち。高校卒業後1990年に渡米、オレゴン州立大学へ入学。
帰国後ゲーム制作会社にて3Dキャラクターゲーム開発やコンテンツ事業を担当。
2000年株式会社インフォマートの創業メンバーとして経営企画部長、新規事業開発室長を担当し、上場準備や企業広報にも従事する。2006年8月に東京証券取引所マザーズ上場(現在、東京証券取引所プライム市場)。
2012年に独立、個人事業主を経て株式会社インタープレイを設立。スタートアップ企業や事業におけるハンズオン支援、食を核としたマーケティング・開発・海外進出支援などのコンサルティング業務、行政省庁連携による海外での商談会等の企画運営を行う。
2015年-2020年 新潟薬科大学応用生命科学部「中食・外食論」及び「3次産業論」特別招聘教員として従事。
1999年に創設した一般社団法人日本居酒屋協会の事務局長として現在も兼務。

TC-4/C会場
東京 1日目

1月17日(水)
15:30-16:30

S1サーバーグランプリ presents

〜お客様から愛される信頼関係の築き方〜
顧客の心を掴むおもてなし力
NPO法人 繁盛店への道/S1サーバーグランプリ
アカデミーチーム
株式会社 絶好調
人財育成統括
高橋 夏穂 氏
NPO法人 繁盛店への道/S1サーバーグランプリ
アカデミーチーム
株式会社 國屋
統括本部長 兼 SODATE 代表
禰冝田 賢二 氏
NPO法人 繁盛店への道/ S1サーバーグランプリ 理事
株式会社 ヒューマックス 取締役
戸田 史朗 氏
株式会社 柴田屋ホールディングス
取締役 副社長
柴 健宏 氏

NPO法人繁盛店への道/S1サーバーグランプリ
関東地区
アカデミーチーム
高橋 夏穂 氏

調理師専門学校を卒業後、2011年(株)絶好調に入社。おもてなし日本一を決める大会「第14回S1サーバーグランプリ」で最優秀賞を受賞。その後、全社の人財育成を統括する育成責任者として、また逢いたいサーバーの育成に尽力。現在は、一児の母。飲食業界で働く女性のロールモデルを目指し、採用〜接客指導まで幅広く活躍。

NPO法人繁盛店への道/S1サーバーグランプリ
関東地区
アカデミーチーム
禰冝田 賢二 氏

「第8・9回S1サーバーグランプリ」にて2年連続準優勝を受賞。その後勤めていた大手外食チェーン社内の教育最高責任者として約50業態、260店舗ほどあるあらゆる店舗に立ち、積極的に社外での外部研修を行い日々サーバーの地位向上に努めた。2022年には大家族経営を掲げる(株)國屋に入社するとともに、個人として接客教育コンサルのSODATEを立ち上げ飲食業界の発展と飲食人の成長のため接客、人材育成、人材採用に関する講演やロールプレイングセミナーを全国で多数実施。

NPO法人繁盛店の道/S1サーバーグランプリ 理事
株式会社ヒューマックス 取締役
戸田 史朗 氏

第17回となるS1サーバーグランプリ。私は第3回より運営に携わり、多くのまた逢いたいサーバーや支援する素敵なメンバーとのご縁ができたことが宝物です。「人を創る、感動を創る、未来を創る」の理念のもと、業界の発展に努めます。

株式会社 柴田屋ホールディングス
取締役 副社長
柴 健宏 氏

飲食大好き お酒も大好き 人も大好き!
数年前からグループ会社のSAKE-YA JAPANでブリューイングレストランを経営。
飲食業のすばらしさと難しさを直接肌で感じている。
グループミッションである「人と人をSAKEで繋ぎ 世界中を笑顔にする」を実現するため、西に東に毎日飲み歩いている。

2日目
TA-5/A会場
東京 2日目

1月18日(木)
10:30-11:30

全国焼肉協会 presents

繁盛を呼ぶ、徹頭徹尾の思考法
【パネリスト】
事業協同組合 全国焼肉協会
名誉会長
株式会社叙々苑
代表取締役会長
新井 泰道 氏
【コーディネーター】
株式会社 日本食糧新聞社
常務取締役
日食外食レストラン新聞
編集長
岡安 秀一 氏


事業協同組合 全国焼肉協会 名誉会長
株式会社叙々苑 代表取締役会長
新井 泰道 氏

1942年神奈川県横須賀市生まれ。
15歳の時、東京・新宿の焼肉店「明月館」に入店。
さらに、東京・神田の焼肉店「大同苑」で修業。独立後、1976年、六本木に叙々苑1号店を開店。
首都圏を中心に、札幌、仙台、新潟、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡、熊本、沖縄など、直営店70店舗(2022年10月現在)。
焼肉弁当・焼肉のたれ・サラダのたれの製造販売も行う。
2003年5月に全国焼肉協会会長に就任。現在は名誉会長。
2017年4月に黄綬褒章を受章。
2022年8月に焼肉歴65年の集大成「焼肉一代 叙々苑 新井泰道」を出版

株式会社 日本食糧新聞社 常務取締役
日食外食レストラン新聞 編集長
岡安 秀一 氏

昭和43年、埼玉県生まれ。
平成4年、日本食糧新聞社入社。
広告局勤務を経て平成5年「日食外食レストラン新聞」記者に配属。平成9年から編集長。
新聞編集のほか料理書籍、各種媒体の発行、食品メーカーの商品開発などに携わる。
系列会社ニッショク映像の代表取締役、全国焼肉協会の広報理事を兼務。

TA-6/A会場
東京 2日目

1月18日(木)
11:45-13:15

馬あり牛ありハラルあり!話題の肉業態オーナーが大集結!!

〜支離滅裂か!何でもトーク炸裂の巻〜
本音トークだ、ド~ンと言ってみよう!!

「焼肉 冷麺 味楽園」
代表取締役
康 虎哲 氏
株式会社馬喰ろう
代表馬締役
沢井 圭造 氏
有限会社フィックス
取締役社長
古川 香織 氏
株式会社Good market & shops
代表取締役
清水 暁弘 氏
株式会社カワイハイ
代表取締役
濱野 健嗣 氏
【コーディネーター】
株式会社 外食産業新聞社 代表取締役
《日本外食新聞》 編集長
川端 崇資 氏

 

★書籍プレゼント

先着30名様に外食産業新聞社刊行の書籍をプレゼント!


「焼肉 冷麺 味楽園」
代表取締役
康 虎哲 氏

1974年 兵庫県 尼崎生まれ
幼少期から家業である「味楽園」を手伝い高校卒業後に社員として就職。
18歳からオーナーである父の下で6年間修行し、24歳で東京「叙々苑」に2年間の修行に出る。
26歳で実家に戻り現在に至る。
先代の想いを引き継ぐべく自身も「1店舗重点主義」を掲げ常に現場に立ち続けている。
また、自身の経験を元に業界発展に少しでも貢献できるように講演活動も積極的に取り組んでいる。

株式会社馬喰ろう
代表馬締役
沢井 圭造 氏

通称:馬肉活動家チェゲ馬ラ
1976年馬れ
馬肉の魅力を伝え続けて25年。
千葉県に馬肉専門メーカーを構え、全国に馬肉の卸などを展開し、馬肉の供給を増やしています。
そして更なる馬肉料理や馬肉の魅力を拡める為、2007年より馬肉専門店「馬喰ろう」を創業。
様々なエリアにて多種多様な馬肉業態にて現在20店舗を展開中。
また2013年には日本馬肉協会を立上げ、更なる馬肉の啓蒙活動に取り組んでいます。

有限会社フィックス
取締役社長
古川 香織 氏

1975年 千葉県船橋市 生まれ
幼少期から食べる事、料理が大好きで短大卒業後、地元のケーキ屋に就職。手取り5万で親にぶっ飛ばされ、周りからもバカにされる。
これをきっかけに絶対独立をすると決めて、29歳で渋谷に今はなき一号店目の卯門を開店する。
その後、ひつじもん(ジンギスカン )、牛門(焼肉)、ラムしゃぶ、若鮨(寿司)、肉寿司、ボディメイクキッチン(ステーキ)、スナック訳ありなどを次々と展開。
2割打者として有名で、10軒作って8軒潰すという偉業続きでしたが、2009年から続けてきたハラール和牛焼肉がここ数年インバウンドにヒットし、現在ハラル事業で展開するために、木場、浅草、池袋でハラルレストランを運営。
現在、東京8店舗、沖縄2店舗を展開中。
人生どこで何があるかわからない。

株式会社Good market shops
代表取締役
清水 暁弘 氏

1982年 静岡県出身
大学入学を期に横浜へ上京
新卒で某飲食専門の不動産金融会社へ入社
通算、約1,000店舗の出店退店に携わる
また恵比寿横丁や様々な横丁を担当する
29歳で株式会社Good market shops設立
『ほぼ新宿のれん街』等の仕掛け人
飲食の物件、リーシングを中心に
物件と業態のフィッティングを得意とし、
様々なFCの販売もお手伝いさせていただいています。
グループ会社でも飲食店を多数運営(内、牛タンいろ葉15店舗など)

株式会社カワイハイ
代表取締役
濱野 健嗣 氏

岡山県出身
20歳 飲食業界へ、港区のイタリアンレストランでホール業務を学ぶ
21歳 西麻布にあったBARドランカーに店長として就職
23歳 BARドランカーを退職し、単身 1年間の世界旅行に
24歳 東京へ戻り BARドランカーに再就職
26歳 店舗 BARドランカーを買取、有限会社カワイハイの代表取締役に就任
32歳 港区西麻布にてニクアザブを立上げ、焼肉業界へ BARで培った知識を武器に カウンターを中心とした接客重視の新しいスタイルの焼肉店を確立させる
現在 都内にて7店舗を展開中

株式会社外食産業新聞社 代表取締役
《日本外食新聞》 編集長
川端 崇資 氏

1965年1月、東京生まれ。
83年、亜細亜大学法学部に入学。
同校卒業後、デザイン会社を経て89年に株式会社醸造産業新聞社入社。
酒類業界のトップ専門紙《酒販ニュース》で日本ワインや流通(大手スーパーや酒DS)などさまざまなジャンルを幅広くを担当する。
遊軍記者として20年間の記者活動後、地域創生を掲げる農業コンサルティング会社起業への参画を経て、2010年8月に外食産業新聞社入社。
2011年より、外食産業界の情報を網羅した、主に中小の外食ベンチャー企業にターゲットを絞った媒体《日本外食新聞》(1974年創刊)の編集長に就任。
16年5月に同社代表取締役に就任後も編集長を兼務し、全国各地の飲食店への取材活動を継続。
飲食業界の最新動向に幅広く精通している。その実績により、各地の飲食セミナーにも数多く登壇。
新聞記者歴は30年を超える。

TA-7/A会場
東京 2日目

1月18日(木)
13:30-14:30

外食デザインアワード
1部 ~表彰式~
2部 デザイナーズセッション~飲食店デザインの未来~
(公社)日本インテリアデザイナー協会
国際担当理事
一級建築士事務所主宰
酒井 浩司 氏
(公社)日本インテリアデザイナー協会
副理事長
有限会社 アルグレイン
代表取締役
池田 和修 氏
(一社)リノベーション協議会
元関西部会長
9(ナイン) 株式会社
代表取締役
久田 一男 氏

 


(公社)日本インテリアデザイナー協会 国際担当理事
一級建築士事務所主宰
酒井 浩司 氏

30年前よりミラノヘ、イタリアの建築事務所Studio63(Piero Angelo氏)とともに、
プロジェクトマネジャーとしてイタリアS社極東地区プロジェクトを担当し
多数のメガストアをオープンさせる。その後、SIA一級建築士事務所を設立。
多数の海外ブランドのPROJECTの経験をいかした独自のデザインシステムを活用した
新しい空間への挑戦を実践。公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(JID)国際担当理事
大阪モード学園インテリアデザイン学科店舗デザイン非常勤講師(1989~)
VMARK INTERIOR DESIGN AWARDS審査員

(公社)日本インテリアデザイナー協会 副理事長
有限会社アルグレイン/代表取締役
池田 和修 氏

1958年 大阪生まれ
武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 インテリアデザイン専攻 1982年卒業
ケイ・アイ・ディ アソシェイツ 勤務  インテリアデザイナー 北原 進 氏に 師事
ホテルやオフィスのインテリアデザインを担当
1996年 有限会社アルグレイン 設立
主にホテルにおける、内装、家具、サイン、アートワーク、などのデザインを手がけている
公益社団法人日本インテリアデザイナー協会 前理事長 現 副理事長

(一社)リノベーション協議会 元関西部会長
9(ナイン)株式会社/代表取締役
久田 一男 氏

1964年 滋賀県に生まれる。
学校法人専修学校 東京モード学園ファッションデザイン科卒業。コムデギャルソンとマルタンマルジェラに憧れ、ファッションを仕事とするが、
才能のかけらもないことに気づき挫折。現場作業アルバイトから大工となる。
2000年に1年をかけて自宅マンションを自分ひとりでリノベーション。
その後400件以上のリノベーションに関わる。
2011年11月に9株式会社(ナイン)設立。
2015年4月に一般社団法人リノベーション協議会関西部会長に就任。(現在は退任)

TA-8/A会場
東京 2日目

1月18日(木)
14:45-16:15

日本外食新聞 presents

〜天才!奇才!ミシュラン店のオーナー対談〜
ファッション、ライフスタイル、そして…
ぼくらの感性が飲食業をもっと面白くする!
sio株式会社 / シズる株式会社
総料理責任者
鳥羽 周作 氏
株式会社 SOME GET TOWN
代表取締役
山崎 一 氏

 

★書籍プレゼント

先着30名様に外食産業新聞社刊行の書籍をプレゼント!


sio株式会社 / シズる株式会社
総料理責任者
鳥羽 周作 氏

J リーグの練習生、小学校の教員を経て、31 歳で料理の世界へ。 2018年「sio」をオープン。同店はミシュランガイド東京 2020 から 4 年連続一つ星を獲得。 現在、「sio」「Hotel’s」「o/sio」「o/sio FUKUOKA」「パーラー大箸」「㐂つね」「ザ・ニューワールド」「おいしいパスタ」「NAGANO」と9店舗を展開。 書籍 / YouTube / SNSなどで公開するレシピや、フードプロデュースなど、レストランの枠を超えて様々な手段で「おいしい」を届けている。モットーは『幸せの分母を増やす』。

株式会社 SOME GET TOWN
代表取締役
山崎 一 氏

関西外国語大学を卒業後、スポーツ商社を経て、実家である、韓国料理店を継ぎ、現在に至る
両親から引き継いだお店を、独自でリブランディングし、新業態を開発
創業ブランドである、韓味一朴邸をはじめ、韓国食堂入ルや蔘鶏湯人ル、韓国スタンド@などを運営
その中でも韓国食堂入ルは東西両エリアでミシュランビブグルマンを3年にわたって選出され続ける
大阪に3店舗とFC1店舗、京都に2店舗、東京に2店舗と全国に計8店舗を展開

TB-5/B会場
東京 2日目

1月18日(木)
10:30-12:00

居酒屋甲子園 presents × 外食SX presents

〜生きた人材作りへ〜

採用からモチベーションupまで
これからの時代を勝ち抜く人材戦略はこうだ!!

【パネリスト】
NPO法人 居酒屋甲子園 理事
株式会社スマイルリンクル
代表取締役
須藤 剛 氏
【パネリスト】
一般社団法人外食SX 代表理事
株式会社 和音人 代表取締役
狩野 高光 氏
【パネリスト】
NPO法人 居酒屋甲子園
専務理事
株式会社 イタリアンイノベーションクッチーナ
取締役社長
青木 秀一 氏
【パネリスト】
一般社団法人外食SX
株式会社 カオカオカオ
代表取締役
新井 勇佑 氏
【コーディネーター】
NPO法人 居酒屋甲子園
理事長
WOOD HOUSE 株式会社
代表取締役
氏田 善宣 氏


NPO法人 居酒屋甲子園 理事
株式会社 スマイルリンクル 代表取締役
須藤 剛 氏

18歳で上京しスマイルリンクルに入社。
22歳で初めて店長を経験し27歳で幹部に昇格し32歳で取締役に就任。
独立を夢みていたが、取締役就任後自社に骨を埋める事を決意。
37歳で創業代表とバトンタッチを行い社長に就任。
38歳で代表権も全て継承しスマイルリンクルの第二期を創造中。
神田ドミナントを中心に今後も神田の街を盛り上げていく。

株式会社 和音人
代表取締役
狩野 高光 氏

株式会社マルノワ水産 代表取締役
外食SX 代表
三軒茶屋で9店舗のドミナント経営。
山形県でワイン用葡萄の栽培による農業事業、マルノワ水産では魚の熟成の仕立て、卸売を行う水産事業と、一次産業、二次産業、三次産業におけるポートフォリオ経営を展開。
レストランだけではなく、道の駅のプロデュース事業など、様々な食と他産業の新結合を軸に活動。
「子どもたちに選べるミライを、大人たちに選べるチカラを」というパーパスを掲げ、社会課題である食育の事業を経営の根幹に置き、経営学、人材教育、食育という分野で年間40本以上の講演会を全国各地で行っている。
著者「心食同源」

株式会社イタリアンイノベーションクッチーナ
取締役社長
青木 秀一 氏

幼少期から料理人になることを夢見て中学卒業と同時に飲食店でのアルバイトを開始。
18歳でTOSCANAと四家社長(現会長)と出会い上京。
店長、人事部長、営業本部長を経て、現在に至る。
第14回居酒屋甲子園全国大会 準優勝。
『料理を通して関わる人を幸せにし未来を創る』
理念を体現する店づくりと人づくりに挑戦し続け、街に愛される飲食店を目指す。

外食SX
株式会社 カオカオカオ 代表取締役
新井 勇佑 氏

1984年生まれ。東京都出身。
得意科目 数学。大学 心理学を専攻。
卒業後も数学的思考をベースに心理学の研究に没頭するが、業界での自分の存在意義に限界を感じ、全く別な外食産業に参入。
(有)コパアミューズメントでタイ料理の修行をした後に一年間の飲食店を周るニート生活をする。
その際、タイ屋台というマーケットに可能性を感じ、(株)カオカオカオを設立。
外食産業の捉え方としてこれまでのチェーンストア理論にオープンイノベーション経営や様々な独自の理論を加えた経営方針を採用。
「がっちりマンデー」など数100社ほど各種メディアで紹介される。
現在は、新しい外食産業の経営としてCSV経営を掲げ、外食産業のSPAモデルの実現。

WOOD HOUSE株式会社
Win with family株式会社 代表取締役
氏田 善宣 氏

1983年 生まれ 40歳
故郷である大分県竹田市人口1万8000人の町に久しぶりに帰郷した際、繁華街のさびれた風景に衝撃を受ける。
長年の夢である福岡での出店計画をやめ、地元故郷で「感動のもつ鍋処 陽はまたのぼる 竹田本店」を開店。
創業より約10年間で竹田市に3店舗、大分市に4店舗の合計 5業態 6店舗の飲食店を経営し、ウェルネス事業としてプライベートサウナ施設も運営。
グループ会社ではもつ鍋のギフト販売&食品加工場も運営している。
地域に必要とされ愛されるお店、企業を目指している。
第9回居酒屋甲子園 優勝
第10回居酒屋甲子園 準優勝2016大分県竹田市より特別功労賞 受賞
2017竹田大使 任命
2019大分飲食の会 大分KARUU会 初代会長
2023NPO法人居酒屋甲子園 8代目理事長

TB-6/B会場
東京 2日目

1月18日(木)
12:15-13:30

スマホで撮る!魅せる。
今日からできる売上アップ&
SNS集客に繋がるフード撮影テクニック
サキアジ 株式会社
代表取締役
谷口 泰崇 氏
W.A.T 株式会社
代表取締役
東 洋一郎 氏
★書籍プレゼント

先着30名様に外食産業新聞社刊行の書籍をプレゼント!


サキアジ株式会社
代表取締役
谷口 泰崇 氏

メニューブック&ファサード ひと筋 20年。
外食チェーン店にて4年間サービスマネージャーとして勤務。
メニューデザイン研究所で約17年間 取締役営業本部長として勤務。
2020年にSAKIAJIを立ち上げ、メニュー表&ファサードの制作並びに企業&飲食店のデザイン&クリエイティブ顧問として活動中。・メニューデザインディレクション450社以上
・年間セミナー回数50回以上、3000名以上の受講者数
・NPO法人居酒屋甲子園 理事兼アドバイザー
・飲食店お助け集団「TEAM-G」立上げメンバー
・レストランテック協会顧問
・「これからの飲食店マネージメント協会」プロコンサル在籍飲食店における、先味、中味、後味の中でもデザインで表現できる先味(SAKIAJI)お店のウリやコンセプトを消費者に伝え、世の中から「食べたら旨いと分かる」という店主を無くすことを使命に起業。

W.A.T株式会社
代表取締役
東 洋一郎 氏

宮崎県都城市出身44歳。
高校卒業後上阪し王将フードサービスにて勤務。
後にフリーターを経て2004年に再び飲食業へ。
シンワオックスにて10年勤務。立て直し、社内コンサルを経験。初プロデュース店『焼酎BAR&肴Diningくらくら』を出店。2013年 茶屋町にて『カッシーワ茶屋町店』を出店。同時に、川端屋商店の川端社長の助言により飲食デザイン、サポートの部署も立ち上げる。
コロナ禍においてWEBを中心にSNSサポート、セミナー等の業務もおこないつつ、同時に『とんかつ乃ぐち』のプロデュースに参加。現7店舗のとんかつ事業にて従事。2023年4月28日にカッシーワの新業態『焼鳥UMEDA KOHT』を出店。現7店舗経営。
焼鳥業態カッシーワを中心に飲食店経営。飲食デザイン、SNSサポート、とんかつプロデュースを中心に活動中。

TB-7/B会場
東京 2日目

1月18日(木)
13:45-15:00

日本外食新聞 presents

〜新進気鋭の若手経営者対談〜
次の出店は火星!?江戸!?
僕らの目に映る飲食業界はこんなにも魅力的だ!!
【パネリスト】
UNCHI 株式会社
代表取締役
松村 貴大 氏
【パネリスト】
株式会社 Human Qreate
代表取締役社長兼CEO
米田 拓史 氏
【コーディネーター】
株式会社 外食産業新聞社 代表取締役
《日本外食新聞》 編集長
川端 崇資 氏
★書籍プレゼント

先着30名様に外食産業新聞社刊行の書籍をプレゼント!


UNCHI株式会社
代表取締役
松村 貴大 氏

1987年4月4日生まれ、36歳。10歳でラーメン店を開くと決意。
大学卒業後に人気ラーメン店で修業をし、2012年、24歳で「人類みな麺類」を大阪市に創業。
「くそオヤジ最後のひとふり」「世界一暇なラーメン屋」といったラーメン店を次々に展開し、全てを繁盛店に押し上げる。
18年から米・マンハッタンをはじめ中国、韓国、ネパールなど海外へ展開。
現在は「人類みなトンカツ」などラーメン以外の業態も手がける。ロックバンド「Mr.Children」のファン。

株式会社Human Qreate
代表取締役社長兼CEO
米田 拓史 氏

1991年11月22日(いい夫婦の日)、13時35分(一石三鳥サイコー)、大阪に生まれる。
新卒で大手ブライダル企業に就職。24歳で不採算店のマネージャーに抜擢され、2年後にV字回復させつつ営業職も兼務。挙式成約率全国ナンバー1になるもコロナ禍を機に退職。
退職日から100日目に1号店となる「厳選焼鳥 一石三鳥」を東京・新橋にオープン。現在、「一石三鳥」ブランドを中心に7店舗を運営するかたわら、10社以上の経営コンサルティングを兼務する。
2022年、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」のエバンジェリストに就任。

株式会社外食産業新聞社 代表取締役
《日本外食新聞》 編集長
川端 崇資 氏

1965年1月、東京生まれ。
83年、亜細亜大学法学部に入学。
同校卒業後、デザイン会社を経て89年に株式会社醸造産業新聞社入社。
酒類業界のトップ専門紙《酒販ニュース》で日本ワインや流通(大手スーパーや酒DS)などさまざまなジャンルを幅広くを担当する。
遊軍記者として20年間の記者活動後、地域創生を掲げる農業コンサルティング会社起業への参画を経て、2010年8月に外食産業新聞社入社。
2011年より、外食産業界の情報を網羅した、主に中小の外食ベンチャー企業にターゲットを絞った媒体《日本外食新聞》(1974年創刊)の編集長に就任。
16年5月に同社代表取締役に就任後も編集長を兼務し、全国各地の飲食店への取材活動を継続。
飲食業界の最新動向に幅広く精通している。その実績により、各地の飲食セミナーにも数多く登壇。
新聞記者歴は30年を超える。

TB-8/B会場
東京 2日目

1月18日(木)
15:15-16:30

令和の若手経営者が語るチーム論
~イマドキの理想の職場ってどんな?~
【パネリスト】
株式会社 志成NEXT
代表取締役社長
佐藤 廉也 氏
【パネリスト】
株式会社 Mostfun
代表取締役
大﨑 拓実 氏
【パネリスト】
大人気 嚔
代表
砂田 康太 氏
【コーディネーター】
フードスタジアム 株式会社
フードスタジアム編集部 編集長
大関 まなみ 氏


株式会社志成NEXT
代表取締役社長
佐藤 廉也 氏

1990年生まれ。18歳まで北海道札幌市で生まれ育ち大学進学を機に上京。
大学では早稲田大学体育会ラグビーに所属。
新卒で野村證券株式会社に入社。
飲食業界に魅力を感じ24歳で退職後、飲食経験が全くないため4年間様々な飲食店舗でホール、キッチン、マネジメントと下積みを経験し28歳でwebコンサルティング会社として株式会社志成を設立。
その後コロナ禍である2021年9月に恵比寿で「amme」を開業。
1年後の2022年9月に同じく恵比寿で「sqall」を開業。
2店舗とも坪月商55万円以上の店に成長。
現在、別法人でも常務取締役兼COOに就任し恵比寿と自由が丘でカフェバーを2店舗経営。
またリラクゼーションサロン運営会社、web制作会社の顧問も兼務。

株式会社 Mostfun
代表取締役
大﨑 拓実 氏

1991年生まれ。現在32歳。神奈川県横浜市出身。
大学在学中、22歳で『株式会社Tuneup』取締役本部長就任。
コロナ禍の2020年11月に会社を設立し、3年で現在9店舗展開中。
「日本の従業員満足度世界一」を経営理念とし、この原動力となるのは「週休3日制」「週一面談」「月一イベント」などを実践し、アルバイトが社員になりたくなる会社を実施し、3年で40名以上採用に成功。
自社での取り組みと成功体験を自身のコンサルティング活動で現在、同業他社20社以上に共有しています。(カンテラ採用)
自社にエンジニアも抱え、人事にまつわるシステム構築も同業他社へ共有しております。
こうした活動のすべてが、Mostfunの経営理念の「日本の従業員満足度世界一」につながっており、業容の展望としては「最速で50店舗」を掲げ、社員1000人体制の組織を目指しております。

大人気 嚔
代表
砂田 康太 氏

1994年岡山県生まれ。コンサル、不動産を経て、25歳で脱サラし、飲食の道へ。2022年8月、28歳の時に、渋谷道玄坂に「大人気(おとなげ)」を兄とともに開業し、現在は坪月商55万円を売るお店にまで成長。2023年5月には同じく渋谷に住所非公開の「嚔(アチュー)」を2店舗目としてオープン。こちらも坪月商56万を売る繁盛店に。

フードスタジアム 株式会社
フードスタジアム編集部 編集長
大関 まなみ 氏

1988年栃木県生まれ。東北大学経済学部卒業後、教育系出版社や飲食業界系出版社を経て、2019年3月よりフードスタジアム編集長に就任。客単価3000~1万円程度の居酒屋・バル・ビストロなどアルコール業態を中心に、年間約300の飲食店を視察、100軒を取材する。

TC-5/C会場
東京 2日目

1月18日(木)
10:30-11:30

日本外食新聞 presents

~「新時代」の今と未来~
ファッズはどこに向かうのか?

株式会社 ファッズ
代表取締役社長
佐野 直史 氏
★書籍プレゼント

先着30名様に外食産業新聞社刊行の書籍をプレゼント!


株式会社 ファッズ
代表取締役社長
佐野 直史 氏

今から30年前、18歳の佐野は“世界一のサッカー大国ブラジルでプロサッカー選手になる”という大きな夢を持って単身ブラジルに渡りプロ契約を勝ち取りました。
これは日本人の海外サッカー進出への先駆けとなりました。5年間のブラジル生活の中で、スラム街の家族から受けた食を通してのおもてなしがプロサッカー選手引退後の佐野を飲食業へ導くきっかけとなりました。
ファッズを創業して17年、150店舗、年商200億円の飲食グループを佐野は一代で作りました。ファッズの株式の所有者は、キャピタル等の外部投資家は0人、100%佐野個人が保有しています。また、これまでの出店費用の60億円も佐野個人が投資。佐野がファッズの創業者であり、経営者であり、株主です。コロナ禍において営業を継続し2年間で70店舗の出店を実現させた要因はこの株主1本化が大いに影響しました。特に秋葉原の2店舗は、物件が隣接する隣同士、2店舗の家賃が合計で600万円、2等立地、と居酒屋の出店場所としては適正とは言えない物件ですが、佐野はこの2店舗の出店を独断で決定。この秋葉原の居酒屋「新時代」2店舗で年商10億円を上げております。これこそが佐野の経営センスとスピードを最大限に活かせられる株主1本化の成果と言えます。
更に「業態は会社のトップが作る」の佐野のやり方のもと、伝串の「新時代」、伝串の「新時代44」、焼鳥の「鳥ぶら」、鴨料理の「とんぺら屋」、タイ政府から認定された本物のタイ料理を振る舞うタイ料理レストランの「スコンター」、韓国料理の「ネスタル」と6つのブランドを全て佐野が立ち上げ、どの業態も成長路線を進んでいます。
またサッカー界に恩返しすべく子供達のサッカー全国大会「佐野直史杯」を開催し192チームがエントリーした大規模な全国大会となった。
ほぼ知られていない佐野の素顔は実は書道家であること。あらゆるコンクールで賞を取るほどの実力で、店舗の壁に貼られている金言、ジョッキに書かれている金言は全て佐野が書いたものです。

TC-6/C会場
東京 2日目

1月18日(木)
11:45-13:15

日本外食新聞 presents 実演

サービスのチカラ~参加型!
これからの接客を作っちゃおう~
【パネリスト】
株式会社 LEAD LIVE COMPANY
取締役副社長
遠山 啓之 氏
【コーディネーター】
株式会社 ピーカチ
取締役副社長COO
西林 厳史 氏

 

★書籍プレゼント

先着30名様に外食産業新聞社刊行の書籍をプレゼント!


株式会社 LEAD LIVE COMPANY
取締役副社長
遠山 啓之 氏

自称『サービスオタク』
株式会社グローバルダイニング、株式会社プレジャーカンパニーと飲食業界の現場で20年以上接客と教育に携わり、2020年11月【株式会社LEAD LIVE COMPANY】創業。
『見えない接客の見える化』『誰でもわかる!すぐできる!』をテーマに、研修やセミナーを年間100件以上のペースで開催。
学校の臨時講師、大手通信企業接客研修など、業界・業種を超え活躍中。
著書に【サービスのチカラ 店長マネジメント編】【サービスのチカラ 今からできる!笑顔のアクション接客編】がある。

株式会社 ピーカチ
取締役副社長COO
西林 厳史 氏

1975年広島生まれ。1997年(株)ぐるなび関西版の立上げメンバーとしてNKB入社。
3か月後にチーフとなり支社2番手として関西支社を束ねる。
その中で飲食業界の人と食に魅了され、飲食業界に携わる会社を設立し独立したいと退職。
独立前に求人広告も勉強したいと飲食専門の求人誌グルメキャリーの門を叩き入社。
その後2000年(有)グローバルメディアジャパンを設立し、代理店としてぐるなび広島版の立上げを行う。
その後ケータイが会員証・ポイントカードに!というコンセプトの元、現在のP+KACHIシステムを開発、2002年P+KACHIをサービスイン。
2006年システム名を社名にし(株)ピーカチを設立、取締役副社長COOに就任。
飲食業界に携わり27年。現在P+KACHIシステムはポイントカード・顧客管理をベースとして多種多様な店舗様と1,150万人のエンドユーザーの方々にご利用頂いています。

TC-7/C会場
東京 2日目

1月18日(木)
13:30-14:45

-セミナー参加で店舗診断!課題発見で売上UP-

あなたの店の経営課題をあぶり出す!
チームGによる「飲食店クリニック」臨時開業します!

株式会社 LEAD LIVE COMPANY
取締役副社長
遠山 啓之 氏
株式会社 ケーススタディ
代表取締役
荒井 静雄 氏
サキアジ 株式会社
代表取締役
谷口 泰崇 氏
【パネリスト】
W.A.T 株式会社
代表取締役
東 洋一郎 氏
MONOKOTO
モノコトデザイナー
加藤 小百合 氏
★書籍プレゼント

先着30名様に外食産業新聞社刊行の書籍をプレゼント!


株式会社 LEAD LIVE COMPANY
取締役副社長
遠山 啓之 氏

自称『サービスオタク』
株式会社グローバルダイニング、株式会社プレジャーカンパニーと飲食業界の現場で20年以上接客と教育に携わり、2020年11月【株式会社LEAD LIVE COMPANY】創業。
『見えない接客の見える化』『誰でもわかる!すぐできる!』をテーマに、研修やセミナーを年間100件以上のペースで開催。
学校の臨時講師、大手通信企業接客研修など、業界・業種を超え活躍中。
著書に【サービスのチカラ 店長マネジメント編】【サービスのチカラ 今からできる!笑顔のアクション接客編】がある。

株式会社 ケーススタディ
代表取締役
荒井 静雄 氏

1978年大阪府堺市生まれ。
2001年 株式会社ぐるなび大阪営業所入社。
その後、神戸営業所長、ぐるなび大学総責任者等を経て2019年株式会社ケースステディ設立。
飲食店及び飲食関連事業者へのコンサルティング業、顧問業、研修講師業をする一方、自社でも飲食店を経営。
飲食店の店長やスタッフ向けに行う「社内コミュニケ―ン研修」をライフワークとする。
◆アクセス・スタートアップ株式会社 顧問
◆株式会社ストーリー 代表取締役
◆一般社団法人カッコいい大人の志 理事
◆一般社団法人日本飲食業経営審議会 専務理事
◆一般社団法人日本フードビジネス国際化協会 事務局
◆一般社団法人レストランテック協会 顧問
◆日本の乾杯を上にあげていこう協会 代表理事

サキアジ 株式会社
代表取締役
谷口 泰崇 氏

メニューブック&ファサード ひと筋 20年。
外食チェーン店にて4年間サービスマネージャーとして勤務。
メニューデザイン研究所で約17年間 取締役営業本部長として勤務。
2020年にSAKIAJIを立ち上げ、メニュー表&ファサードの制作並びに企業&飲食店のデザイン&クリエイティブ顧問として活動中。
・メニューデザインディレクション450社以上
・年間セミナー回数50回以上、3000名以上の受講者数
・NPO法人居酒屋甲子園 理事兼アドバイザー
・飲食店お助け集団「TEAM-G」立上げメンバー
・レストランテック協会顧問
・「これからの飲食店マネージメント協会」プロコンサル在籍
飲食店における、先味、中味、後味の中でもデザインで表現できる先味(SAKIAJI)お店のウリやコンセプトを消費者
に伝え、世の中から「食べたら旨いと分かる」という店主を無くすことを使命に起業。

W.A.T 株式会社
代表取締役
東 洋一郎 氏

宮崎県都城市出身44歳。
高校卒業後上阪し王将フードサービスにて勤務。
後にフリーターを経て2004年に再び飲食業へ。
シンワオックスにて10年勤務。
立て直し、社内コンサルを経験。
初プロデュース店『焼酎BAR&肴Diningくらくら』を出店。
2013年 茶屋町にて『カッシーワ茶屋町店』を出店。
同時に、川端屋商店の川端社長の助言により飲食デザイン、サポートの部署も立ち上げる。
コロナ禍においてWEBを中心にSNSサポート、セミナー等の業務もおこないつつ、同時に『とんかつ乃ぐち』のプロデュースに参加。
現7店舗のとんかつ事業にて従事。
2023年4月28日にカッシーワの新業態『焼鳥UMEDA KOHT』を出店。現7店舗経営。
焼鳥業態カッシーワを中心に飲食店経営。
飲食デザイン、SNSサポート、とんかつプロデュースを中心に活動中。

MONOKOTO
モノコトデザイナー
加藤 小百合 氏

株式会社ゼットンで、グラフィックデザイナーとして社内制作だけではなく、外部委託案件の制作など20年にわたり携わる。
レストランからカフェ、ビアガーデンまで幅広い業態の立ち上げや制作に携わった経験上、ロゴ制作からはじまり、店舗に纏わるグラフィックデザインの制作、ディレクションまでをトータルでおこなう。
ゼットン退社後、アパレルの子会社にて、デザインディレクション、制作以外に、商品企画、PR、販促も含めたマーケティング全般に携わり、2022年よりフリーランスに転向。

TC-8/C会場
東京 2日目

1月18日(木)
15:00-16:30

1部
意外と身近なM&A!
中小飲食企業がM&Aを成功させた秘訣
~ベルギービール2大企業合併から見る成長戦略~
EVER BREW 株式会社
代表取締役
菅原 亮平 氏
株式会社 ナシエルホールディングス
代表取締役
株式会社 M&A Properties
代表取締役
中村 幸司 氏

 

2部
辞める→採用!のループを断つ!
教育・評価制度改革で人が辞めない組織作り
株式会社ファンくる 執行役員
店舗ソリューション本部 本部長
小林 正博 氏
株式会社 トライアングル
代表取締役
高橋 大 氏


EVER BREW 株式会社
代表取締役
菅原 亮平 氏

福岡県出身。鹿児島県ラ・サール中学・高校で寮生活を経て、2002年早稲田大学理工学部建築学科卒業。
大学在学中に事業の企画書を持ち込んだ縁で卒業後にタリーズコーヒージャパン株式会社にて1年半ほど勤務。当時の社長に経営指導を受け、飲食業界に携わる。
2004年六本木に「ベル・オーブ」1号店をオープン。
2005年からは現地よりベルギービールを直輸入し、2006年に卸事業を開始する。さらに2014年アメリカからのビール直輸入・卸を開始。
2015年5月、ベルギーにて子会社RIO BREWING&CO.SPRLを設立。同年6月にEVER BREW株式会社(本社最寄り:虎ノ門)に社名変更。ベルギー本国より、2010年9月『ベルギービール名誉騎士』を、2016年フランス、サンテミリオンにて『サンテミリオンワイン騎士』受勲。

株式会社 ナシエルホールディングス 代表取締役
株式会社 M&A Properties 代表取締役
中村 幸司 氏

2004年3月に早稲田大学理工学部経営システム工学科卒業。
大和証券SMBC入社後、数多くのM&A 案件(資金調達等を含む)に従事。特に、飲食・小売・不動産・建設等の分野で多くの実績を有す。
米国投資銀行ラザード フレール入社後は、多くの大型クロスボーダーM&A 案件に従事。
2009年4月に株式会社M&A Properties(現:株式会社ナシエルホールディングス) 代表取締役に就任し、2018年11月、株式会社ナシエルホールディングス 代表取締役就任。
現職では、飲食・小売・サービス業を中心としたM&;A支援/出店支援/人材紹介を行っており、M&A取引実績は450億円を超える。
日本証券アナリスト協会検定会員及び宅地建物取引士。

株式会社ファンくる 執行役員
店舗ソリューション本部 本部長
小林 正博 氏

*coming soon*

株式会社 トライアングル
代表取締役
高橋 大 氏

大学卒業後、人見知りを克服するために営業会社へ就職し役職に就くも将来の独立を視野に入れ2年で退職。
飲食店コンサルティング会社に入社し、トレーナーや研修講師、店舗運営や複数店舗管理のエリアマネージャー、統括マネージャーなどの実務経験を活かした実践型の支援活動を経験。
その後、フランチャイズ本部から加盟店、関連子会社の代表など歴任し多岐にわたる経験を積み2015年に独立。
現在は、大手チェーン居酒屋事業部支援、美容(ネイルサロン)、バル業態FC開発支援等の運営・経営支援や、デリバリー店舗、百貨店催事等の店舗・店長支援を行う傍ら、サーバー1グランプリ関東大会審査員等を務める。

※外食ソリューションEXPO(焼肉ビジネスフェア/居酒屋JAPAN)は出展企業と外食業界来場者やセミナー登壇者の皆様との商談交流の場となっております。
出展されていない企業の営業行為または挨拶行為等は、開催趣旨にそぐわないため固くお断りしております。

 

セミナー聴講方法【必読】

セミナーの聴講には
各日10:00より
セミナー会場前で
配布される聴講券
必要
となります。
(先着順/名刺記名登録制)
※会場への入場には別途、事前来場登録または招待券が必要です。

【TA-1】美味アワードコラボセッションの聴講は事前登録制。先着50名。
【TA-4】外食アワードの聴講は事前登録制。
飲食店関係者のみ無料。
それ以外は参加費が必要です。